街コンにサクラはいるの?街コン後に連絡がとれない人の真相

街コンにサクラはいるの?街コン後に連絡がとれない人の真相

街コンのコツ

更新:2019.10.28

作成:2019.10.28

Party事務局
街コンで気になるお相手と連絡先交換ができてルンルン気分だったのに、いざメッセージを送ったらお相手は既読無視。こんなことがあったら、とてもショックですよね。
こういうことが起きたとき、街コンや異性に不信感を抱いてしまうのは仕方ありません。中には「あの人、サクラだったのでは?」と疑ってしまい人もいるでしょう。

そこで本記事では、街コンにサクラはいるのか、既読無視する人の心理などについてご紹介していきます。

街コンにサクラはいるの?

街コンにサクラはいるの?
基本的にほとんどの運営者は街コンにサクラを参加させることはありません。
まずは、サクラの定義からご説明します。サクラとは、サービス運営側が雇ってイベントに参加させている人のこと。一般の参加者を装って街コンや婚活パーティーなどの婚活イベントに参加させ、参加人数の男女比が合うよう調整させたり、異性とマッチングして成果が出たかのように演出したりするために雇われるものです。

しかし基本的に、街コンには上記のように定義したサクラはいません。というのも、サクラを雇うにはコストがかかります。お金をかけてサクラを雇い街コンを開催に繋げられた・男女比が合わせられたとしても、サクラは一般利用者と交際を始めることはないので、いくらサクラを雇ってもお客さんの満足度に繋げることができないからです。

逆にサクラを雇うと「あの街コン、サクラがいるらしいよ」と悪い噂が流れる可能性が高く、その噂によってお客さんが減ってしまうのは、その後のイベントの開催にも影響するため深刻な問題です。今はSNSで爆発的に拡散されるので、開催側にとって悪い評判を投稿されるのはかなりのダメージとなるでしょう。

つまり、お金もかかりお客様からの評判も悪くなるのでサクラを雇うのはリスクばかりなのです。多少参加料を安くしてでも、一般のお客さんを集めた方が合理的といえます。

とは言え、街コン開催会社はたくさんあるので全ての街コンにおいて「サクラは絶対にいない!」とは断言できません。少なくともサクラを雇うのだとしたら、募集人数に達するのがギリギリな知名度の低い企業の主催者が参加費用を集めるために開催するマイナーな街コンでしょう。

なぜ「街コンにサクラがいた」と思われてしまうのか

なぜ「街コンにサクラがいた」と思われてしまうのか
街コン後に態度が急変した場合に「サクラだったのでは?」と疑う方もいるようです。
「街コンにサクラがいるのでは?」と思う原因としては、次のようなものが挙げられます。
しかし、これだけではサクラと断定することはできません。その理由は次の通りです。

■街コンで連絡先交換をしたのに、無視をされた

街コン中は楽しく会話して連絡先交換もしたのに、その後メッセージを送っても返信が来ず「サクラだったのでは?」と思ってしまうケースです。たしかに「あんなに楽しそうだったのに、なんで?連絡先交換は脈があったからではないの?」と思ってしまいますよね。

しかし、街コンの中にはアナウンスで連絡先交換を促されるものがあるので、場の空気を読んで関心がない人とも連絡先交換する人も多いです。また、場の空気を悪くしないために、好意がなくても楽しそうに会話する人は多くいます。

そういう人は街コン当日に冷たい態度を取らない代わりに、街コン後にメッセージを送らないことで脈なしをアピールするので、結果的に無視という形でフェードアウトしてしまうのです。
そのため、連絡先交換をしたのにメッセージを返さない人がサクラである、という訳ではありません。

■街コンに参加する必要がなさそうな美人・イケメンがいた

美人やイケメンは、日常生活の中で出会いがあるから街コンに来るはずがないと思って、サクラではないかと疑ってしまうケースです。
しかし、容姿が良いからといって恋人がすぐにできるわけではありません。引っ込み思案な性格だったり、異性との関りが少ない職場(保育士・消防士など)で働いていて出会いがなかったりなど、美女・イケメンでも街コンに出会いを求める人は多いものなのです。

そのため街コンで出会ったお相手が美人・イケメンだからといってサクラではないかと疑ってしまうと、せっかくのチャンスを逃してしまうかもしれません。

■出会いに真剣でない人がいた

街コン中に堂々と恋人を作る気はないと宣言したり同性とばかり話していたり、出会いに真剣でない人を見て「人数合わせで呼ばれたサクラか?」と疑ってしまうケースもあるでしょう。

しかし街コンはカジュアルな出会いの場なので、友達探しに利用している人や、友達の付き添いで参加しているだけの人もいます。そのため、真剣に出会いを探していない人が混じっている可能性が十分にあるのです。

相手がサクラか不安になったときにおすすめの質問

相手がサクラか不安になったときにおすすめの質問
お相手のプロフィールや参加目的などを深堀してみましょう。
「街コンにはサクラがいないというけど、怪しい人がいる…」というときは、思い切ってお相手に質問をぶつけてみましょう!
相手の回答がしどろもどろだったら、少し警戒した方がいいかもしれません。具体的には、こんな質問がおすすめです。

■街コンに参加した動機を聞く

サクラで参加している人は、自発的に街コンに参加している訳ではないので動機が曖昧です。そこで、次のような質問をしてみるといいでしょう。
例)「なんで街コンに参加したんですか?参加しなくても彼氏(彼女)できそうなのに」

きちんとした動機がある人なら「日常に出会いがなくて」「恋人と別れたばかりで募集中です」など、すんなり回答できるはずです。すこし戸惑っていたり、誤魔化したりする人には出会い以外の目的があるのかもしれません。

■職業を聞いてみる

相手がサクラかどうかを確認したい場合には、「なんのお仕事をしているんですか?」と聞いてみるのも1つの手。本当に出会いを求めて参加している人であれば、自分のことを相手に知ってもらうためにも、仕事の具体的な職種や業務内容について、差支えない範囲でスムーズに教えてくれるはずです。

一方で、サクラで参加している人は身バレを恐れているため嘘のプロフィールを言っていることもあるとのこと。そのため仕事について質問をされても具体的な業務について話さなかったり、辻褄が合わなかったりするなどの特徴が見られたら、真剣に出会いを求めていないサクラである可能性も考えられるでしょう。

安心して参加できる街コンの選び方

安心して参加できる街コンの選び方
「サクラはいない」と確信が持てる街コンを選んで申し込みましょう。
街コンは、信頼できる企業が開催するものを選ぶことが大切です。真剣な出会いを求めて参加する街コンを選ぶ際は、次のポイントを抑えるといいでしょう。

■上場企業が運営している街コン

上場企業が運営している街コンは安定しており、サクラもいないのでおすすめです。
企業としてある程度の基準を満たさなければ株式を上場させることはできません。つまり、上場企業は実績を積み重ねて信頼を得ている企業の証拠でもあるといえます。
どの街コンに参加するか迷ったなら、まず運営元がしっかりしているかをチェックしてみてください。

■女性無料など、参加費が安すぎない街コン

男性が5,000円だったら女性は3,000円など、男女ともにそれなりの参加料を設定している街コンがおすすめです。逆に、女性無料やワンコインで参加できる街コンは避けた方がいいでしょう。

なぜかというと、「タダで参加できるなら試しに参加してみよう!」と面白半分で申込んでしまう人が出てきてしまうからです。また、安すぎるのは、そこまで参加料を下げないと集客が見込めない不人気な企画である証拠でもあります。

■募集状況が記載されている街コン

街コンを申し込むサイトに「男性先行中」「女性あと2名」など、募集状況が記載されている街コンはおすすめです。集客力がある街コンでないと、こういった表示をすることはできません。つまり、男性か女性かの人数が少ないからとサクラを参加させる必要がないパーティーであると見分けられるのです。

こういったお客様が安心して街コンを選ぶための情報を公開している企業は、公開していない企業と比べて良心的ともいえます。

まとめ

街コンには基本的にサクラはいませんから、安心して参加してみてくださいね。
しかしそれでも心配な方は「あの人、サクラだったのかな?」と不安にならないためにも、信頼できる上場企業が開催する大手の街コンを選ぶのがいいでしょう。
1回の街コンで必ず恋人ができるとは限りませんが、継続して参加していくことで運命のお相手に出会える確率はぐっと高まります。ぜひ、街コンで恋人探しをしてみてくださいね。

一部上場企業のIBJが運営するPARTY☆PARTYの街コンには、企業側が雇ったサクラが参加することは一切ありません。また「男性〇名・女性〇名」などと募集状況を掲載している企画が多いので、PARTY☆PARTYの街コンなら参加人数を心配することなく申し込みできますよ。
安心して申し込み・参加ができる、PARTY☆PARTYの街コンをぜひ1度チェックしてみてくださいね。

PARTY☆PARTYの街コンを探す

「街コンのコツ」の記事一覧へ