知っておきたい婚活パーティーの中止とキャンセル

婚活パーティーの基礎

2018.02.01

知っておきたい婚活パーティーの中止とキャンセル

  • 0
  • 0
  • 0

婚活パーティーは、数か月前から予約できることがほとんどです。ただ、数か月先の予定なんてわかりませんし、急に予定が入ることもありますよね。

そんなとき、婚活パーティーのキャンセルができるかどうかは気になるでしょう。また反対に、予定されていた婚活パーティーが中止される場合もあるのかも気になりますよね。

今回は婚活パーティーにおける、中止とキャンセルについてご紹介します。

 

婚活パーティーが中止になる場合

婚活パーティーが中止になる場合
出会いの場だからこそ、男女の人数差にこだわって開催しています。

数か月前から予定されていた婚活パーティーであっても、やむを得ない理由で中止になる場合があります。運営側から中止になる場合は、基本的には2つの理由があげられます。

●急な天候不良や災害が起こった場合
●人数の調整ができなかった場合

急な天候不良や災害が起こった場合はライフラインにも支障が出て、交通機関にも問題が出ることが考えられます。当然婚活パーティーへの参加どころではないためやむを得ません。

もう一つが、人数の調整ができなかったなどの人数トラブルの場合です。婚活パーティーは、出会いのチャンスを得ることを目的としています。そのため、男性参加者と女性参加者の人数差はとても重要です。

それもそのはず、男性が10人の参加数なのに対して女性が30人、50人とはるかに上回る参加人数であったのでは、女性は楽しむどころか出会いを得ることができませんよね。そのため各婚活パーティー運営会社は、参加者の男女比をあらかじめ決め、「どちらかが極端に多い・少ない場合はパーティーの開催を取りやめる」としています。

「予定していたのに、中止なんてひどい!」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。また中には、極端な人数差だったとしても開催する運営会社もあるようです。でも、それでは出会いの可能性が低い上に会場の雰囲気も良くありません。参加者がイライラしてスタッフに文句を言う状況も考えられます。

出会いの確率が低いにもかかわらず開催した場合でも、同様の参加費がかかることを考えると、人数の調整ができない場合は運営会社が中止を決断するのは参加者にとって決してマイナスではありません。参加者の立場に立った決断ができる良心的な運営会社と言うことができるのではないでしょうか。

 

婚活パーティーのキャンセル料について

婚活パーティーのキャンセル料について
自己都合の場合、キャンセル料が発生するので注意しましょう。

ここで気になるキャンセル料についてですが、婚活パーティーのキャンセルには大きく分けて2種類あります。

●運営会社都合の開催キャンセル
●参加者都合での参加キャンセル

運営会社側の都合によって予定されていた婚活パーティーがキャンセルとなった場合には、基本的に別の日時のパーティーに振り替えをするか、開催前に料金の支払いが完了している場合、既に支払った参加料金が返金となることが多いようです。また、婚活パーティー会社によっては、次回参加時に使用できる割引クーポンが発行される場合もあります。

参加者都合により自分でキャンセルした場合には、キャンセル料が発生します。キャンセル料については、婚活パーティー開催日の何日前までにキャンセル連絡をしたかによって異なります。〇日前までであれば〇%・〇円となっているか、キャンセル期限を設けていてその日時を経過したのちのキャンセルは100%キャンセル料が発生する場合もあります。

キャンセル料については、参加予定の婚活パーティーの規定をホームページや申込完了メールなどで確認しておきましょう。

 

中止になりにくい婚活パーティーってあるの?

中止になりにくい婚活パーティーってあるの?
いつも満席になるような人気の企画を選ぶとよいでしょう。

予定されていた人数が揃わない場合、婚活パーティーが中止になることがありますが、せっかく参加するのであれば予定されていた婚活パーティーには参加したいですよね。ここで重要となるのが、「参加する婚活パーティーを選ぶ」ことです。

予定されていた婚活パーティーがなぜ中止となるのか…。それは、上で説明したように多くの場合は参加男性、参加女性の人数が揃わないからです。直前のキャンセルが相次いだのか、元々予約人数が少ないのか、それはパーティーによって異なりますが、「どうしても参加したい」と誰もが思うような人気のある婚活パーティーを予約すれば、突然の中止を防ぐことにつながるでしょう。

人気の婚活パーティーであれば、人数が揃わない、相次ぐ突然のキャンセルが起こる確率も低いでしょう。また万が一キャンセルで枠があいたとしても、すぐに違う方が参加予約をされるので婚活パーティー自体が中止となることは少ないと言えます。

婚活パーティーによって、パーティーの企画内容や参加者条件は異なります。どの婚活パーティーに参加するか選ぶことは、予定されていた日時に参加するための重要ポイントとなります。

 

直前の参加キャンセルはNG!

直前の参加キャンセルはNG!
自分勝手な行動が、他の参加者の迷惑にもつながります。

仕事や体調の変化など、どうしてもキャンセルせざるを得ない状況でない限り、自己都合でのキャンセルは避けなければいけません。

婚活パーティーの運営元は参加比率を考えた上でパーティーの開催、準備をしています。「予定が入ったら、直前でキャンセルすればいいや」という軽い判断がパーティーの運営会社はもちろん、参加する予定のお相手の人たちにも迷惑をかける可能性があることを考えなければなりません。

どうしても参加できない場合、連絡なしに不参加つまりドタキャンは絶対にNG。これは「大人」としての常識ともいえます。キャンセルせざるを得ない場合には、予定がわかったらすぐに運営会社に電話やメールで連絡をしましょう。

 

まとめ

やむを得ない事情で、参加者の出会いの質を守るためにパーティーが中止になってしまう可能性もゼロではありません。そんなときは、「次にもっといい出会いが待っている!」と気持ちを切り替えて、他の婚活パーティーを楽しんでください。

また、忙しい毎日を送る中で休みを婚活パーティーに当てている人も大勢います。そうした人たちに迷惑をかけることを考えて、突然のキャンセルは避けるためしっかりとスケジュールを確認してから申し込みをするようにしましょう。

  • 0
  • 0
  • 0